コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠藤章 えんどう あきら

1件 の用語解説(遠藤章の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠藤章 えんどう-あきら

1933- 昭和-平成時代の応用生物学者。
昭和8年11月14日生まれ。昭和48年青カビからスタチン第1号となるコンパクチン(メバスタチン)を発見し,血中コレステロール値を下げることを突き止めた。三共発酵研究所室長などをへて,61年東京農工大教授。のちバイオファーム研究所所長。18年「スタチンの発見と開発」で日本国際賞。20年ラスカー臨床医学賞。23年文化功労者。秋田県出身。東北大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

遠藤章の関連キーワード晩年伊豆の踊子丹下左膳ガボールガルモ[山]シュナーベルベーテ谷崎潤一郎ディクソンイディオ地向斜

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遠藤章の関連情報