遠藤胤城(読み)えんどう たねしろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠藤胤城 えんどう-たねしろ

えんどう-たねき

遠藤胤城 えんどう-たねき

1838-1909 幕末-明治時代の大名,華族。
天保(てんぽう)9年6月5日生まれ。遠藤胤統(たねのり)の3男。文久3年近江(おうみ)(滋賀県)三上藩主遠藤家6代となる。講武所奉行,奏者番(そうじゃばん)をつとめた。明治3年和泉(いずみ)(大阪府)吉見藩知事。11年以後は祖先の東(とう)姓を名のった。子爵。明治42年11月9日死去。72歳。名は「たねしろ」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android