コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉造 たまつくり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玉造
たまつくり

茨城県東部行方市北西部の旧町域。霞ヶ浦の北東岸にある。 1889年町制。 1955年手賀村,立花村,玉川村,現原村の4村と合体。 2005年麻生町,北浦町と合体して行方市となった。常陸国の国府と鹿島神宮の中間に位置することから水陸交通の要地として発展。主産業は農業で米作のほか,施設園芸が行なわれる。新田付近は霞ヶ浦を利用したコイなどの養殖が盛ん。工業団地も造成される。西蓮寺仁王門,相輪塔は国指定重要文化財。

玉造
たまつくり

玉作とも書いた。大阪市中東部,大阪城の南東一帯の地区。中央区天王寺区にまたがる。地名は,古代玉作部勾玉 (まがたま) をつくったところと伝えられることに由来。古くから交通の要地で,江戸時代奈良街道を利用しての伊勢参詣路の起点としてにぎわった。現在は機械器具,雑貨などの中小規模の工場が立地。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たまつくり【玉造】

大阪市の天王寺区から中央区の東部にまたがる地名。古代に玉造部が居住した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たまつくり【玉造】

〔古代、玉造部の民が住みついたことに由来する〕
大阪市天王寺区から中央区にまたがる地名。
島根県松江市玉湯町にある地名。玉造温泉がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

玉造の関連キーワード島根県松江市玉湯町玉造大阪府大阪市中央区玉造宮城県大崎市鳴子温泉吉田 玉造(4代目)吉田玉市(初代)吉田玉造(4代)吉田玉造(2代)とらとうちゃん片山津玉造遺跡玉造(大阪市)玉造(茨城県)玉造黒門越瓜岩出山〈町〉岩出山[町]玉造[温泉]鬼首温泉郷加美[町]松山[町]玉造温泉郷遠藤 胤城

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉造の関連情報