コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠賀川遺跡 おんががわいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遠賀川遺跡
おんががわいせき

福岡県北東部を流れる遠賀川のほとりにある弥生時代前期の立屋敷遺跡を中心とする遺跡群の総称。 1931年本遺跡出土の土器を遠賀川式とした。この土器の分布は遠賀川流域をはじめ北九州に広がり,時代は遅れるが南九州,瀬戸内海沿岸,畿内,伊勢湾沿岸,中部山岳地域に存在する。主要地域は北九州と畿内で,土器は斉一性をもち,弥生文化の波及状態や前期社会のあり方を把握するうえで大きな役割を果している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

遠賀川遺跡の関連キーワード遠賀川式土器唐古遺跡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android