コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠賀川遺跡 おんががわいせき

1件 の用語解説(遠賀川遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遠賀川遺跡
おんががわいせき

福岡県北東部を流れる遠賀川のほとりにある弥生時代前期の立屋敷遺跡を中心とする遺跡群の総称。 1931年本遺跡出土の土器を遠賀川式とした。この土器の分布は遠賀川流域をはじめ北九州に広がり,時代は遅れるが南九州,瀬戸内海沿岸,畿内,伊勢湾沿岸,中部山岳地域に存在する。主要地域は北九州と畿内で,土器は斉一性をもち,弥生文化の波及状態や前期社会のあり方を把握するうえで大きな役割を果している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone