コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立屋敷遺跡 たてやしきいせき

百科事典マイペディアの解説

立屋敷遺跡【たてやしきいせき】

福岡県水巻町立屋敷および伊佐座にある弥生(やよい)時代の集落遺跡遠賀川の自然堤防上にあり,弥生前期の立屋敷式土器のほか,後期の伊佐座式および水巻式土器が出土。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立屋敷遺跡
たてやしきいせき

福岡県遠賀(おんが)郡水巻(みずまき)町の伊佐座(いさざ)、立屋敷一帯に広がる弥生(やよい)時代の土器包含層。遠賀川の川床にあり、1931年(昭和6)名和羊一郎によって発見された。出土の土器は有文で、中山平次郎は、それまで知られていた無文の須玖(すぐ)式土器とは別系統の土器として発表したが、のちに中期の須玖式に先行する前期の土器であることが明らかにされた。前期の弥生土器を遠賀川式と総称するのはこの遺跡に由来する。40年に杉原荘介(そうすけ)らによって調査されたが、再堆積(たいせき)によるため明確な文化層の確認には至らなかった。この調査によって先の有文土器は立屋敷式と命名され、現在では前期後半の板付(いたづけ)式土器の古相を示す土器型式として使用されている。[高倉洋彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の立屋敷遺跡の言及

【水巻[町]】より

…その後,鹿児島本線で結ばれる北九州市の拡大とともに住宅団地の開発が進み,かつての炭住跡地には中層ビルが建ち並ぶ。遠賀川鉄橋南の立屋敷(たてやしき)遺跡から出土した土器は,弥生時代前期の遠賀川式土器として知られる。【松橋 公治】。…

※「立屋敷遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

立屋敷遺跡の関連キーワード福岡県遠賀郡水巻町遠賀川式土器遠賀川遺跡田下駄

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android