コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠賀川 おんががわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遠賀川
おんががわ

福岡県北部,筑豊炭田地帯を北流する川。全長 61km。嘉麻峠から流れる嘉麻川と冷水峠に源をもつ穂波川とが飯塚市で合流して遠賀川本流となり,英彦山から流れる彦山川直方市で合わせて芦屋町響灘に注ぐ。周囲を福智塊,英彦山地三郡山地などで囲まれ,嘉穂盆地直方平野を流れる。流域古第三紀層が発達し,筑豊炭田の開発とともに各地の炭鉱で洗炭水や坑内廃水などを流すため,天井川となり,大洪水を起こしやすくなった。鉄道開通前の遠賀川は,川船による水運が発達し,石炭や米の積み出しに大きな役割を果たした。しかし鉄道開通後水運は急速に衰微。今日では流域農村の灌漑用水北九州工業地域の工業用水,上水道として利用されているが,その利用度は極限に近い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おんが‐がわ〔をんががは〕【遠賀川】

福岡県東部を北流する川。馬見(うまみ)山・英彦(ひこ)山などに源を発し、響灘(ひびきなだ)に注ぐ。流域に炭鉱が多く、筑豊炭や米などの物資輸送に利用された。長さ61キロ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

遠賀川【おんががわ】

福岡県中部を北流し芦屋で響灘に注ぐ川。長さ61km,流域面積1026km2。三郡山地の馬見山に発し,直方(のおがた)で彦山川を合わせる。筑豊炭田を貫流し,かつては石炭運搬に利用,川筋と呼ばれ炭鉱の代名詞になった。
→関連項目芦屋[町]稲築[町]遠賀[町]頴田[町]金田[町]嘉穂[町]鞍手[町]小竹[町]添田[町]水巻[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おんががわ【遠賀川】

福岡県東部を北流する川。県中部の馬見山(978m)に源を発し,飯塚で穂波川,直方で大分県境の英彦山(ひこさん)(1200m)から流下してきた彦山川,植木で犬鳴川など大小44の支流を合わせて複雑な樹枝状河系をなし,遠賀郡芦屋町で響(ひびき)灘に注ぐ。幹川流路延長61km,全流域面積1030km2。上流で広く下流で狭い流域は,三方を山地に囲まれ,低い古第三紀層丘陵などによって田川,飯塚などの諸盆地や直方(のおがた)平野に分かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おんががわ【遠賀川】

筑紫山地に源を発し、福岡県を北流して響灘ひびきなだに注ぐ川。古くから筑豊炭田の石炭輸送に利用された。長さ58キロメートル。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕遠賀川(おんががわ)


福岡県北部を流れる川。1級河川(遠賀川水系)。延長61km。流域面積1026km2。三郡(さんぐん)山地の馬見(うまみ)山(標高978m)東方に源を発し、北流して穂波(ほなみ)川・彦山(ひこさん)川など大小70余の支流を合わせ、遠賀郡芦屋(あしや)町で響灘(ひびきなだ)に注ぐ。下流右岸から洞海(どうかい)湾に堀川(ほりかわ)運河が通じる。かつて日本有数の産炭地だった筑豊(ちくほう)炭田を貫流し、鉄道開通まで重要な輸送路の役目を果たした。洗炭水による水質汚濁は浄化が進み、現在は北九州地方の重要な水源となっている。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遠賀川
おんががわ

福岡県東部を北流する一級河川。三郡(さんぐん)山地南部の馬見(うまみ)山(978メートル)や大分県境の英彦(ひこ)山(1199メートル)などに源を発し、飯塚(いいづか)市で穂波(ほなみ)川と嘉麻(かま)川とが合流して遠賀川本流となり、芦屋(あしや)町で響灘(ひびきなだ)に注ぐ。延長61キロメートル、流域面積1026平方キロメートル。上流部で広く、下流部に狭い三角形状の流域をもつが、それは彦山(ひこさん)川、中元寺(ちゅうがんじ)川、犬鳴(いんなき)川など多数の支流が複雑な樹枝状河系を形成し、上流部に多くの盆地が展開することによる。流域には炭層を含む古第三紀層の小丘陵が広く分布し、明治時代から近年まで300余りの炭鉱が操業、日本最大の炭田地域であった。1763年(宝暦13)に完成した、中流の香月(かつき)から洞海(どうかい)湾までの堀川運河とともに筑豊(ちくほう)炭や、米などの物資輸送に大きな役割を果たしたが、1891年(明治24)の鉄道開通後は衰退し、川(かわひらた)(五平太船)による水運は消滅した。現在では北九州市などの上水道、工業用水の重要水源となっており、八木山(やきやま)川上流の力丸(りきまる)ダムをはじめ、陣屋(じんや)(中元寺川)、畑(はた)(黒川)、久保白ダムなどが建設され、河口堰(ぜき)も1980年(昭和55)完成した。炭田最盛期には洗炭による水質汚濁が著しかったが、現在では浄化が進んでいる。[石黒正紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

遠賀川の関連キーワード岡の水門・塢舸の水門福岡県遠賀郡遠賀町望郷の道の物語遠賀川水辺館福岡県直方市遠賀川式土器芦屋[町]遠賀川遺跡水巻[町]立屋敷遺跡遠賀[町]直方[市]西志賀貝塚遠賀(町)山田[市]庄内[町]赤池[町]筑紫山地釈迦ヶ岳そうら層

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遠賀川の関連情報