コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠近法主義 えんきんほうしゅぎperspectivism

翻訳|perspectivism

1件 の用語解説(遠近法主義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遠近法主義
えんきんほうしゅぎ
perspectivism

認識論の用語。絵画の遠近法では風景が画家を中心に配置されるように,認識は認識主体の立場によって制約され,普遍妥当的認識は不可能とする相対主義的立場。ニーチェ,T.リット,オルテガ・イ・ガセットなどに代表される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の遠近法主義の言及

【パースペクティビズム】より

…遠近法に従った絵画において,描かれる風景はつねに画家の視点に相関的であるが,それと同様に世界はつねに特定の視点から特定の見方によってしか見られえないものであり,いかなる視点にも限定されない絶対的な世界認識などはありえないという考え方。〈遠近法主義〉と訳される。18世紀初頭にライプニッツが〈単子論〉を説き,すべての単子(モナド)はそれぞれの視点から,それぞれの表象能力に応じて全世界をおのれのうちに映し出すと主張した。…

※「遠近法主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遠近法主義の関連情報