遠野保(読み)とおののほ

世界大百科事典内の遠野保の言及

【遠野[市]】より

…現在は米作を中心に畜産,タバコ,ホップの生産が行われ,北上山系の大規模開発事業とともに田園都市としての発展をめざしている。【川本 忠平】
[歴史]
 1189年(文治5)下野国阿曾沼郷の阿曾沼広綱が源頼朝から遠野保の地頭職に任ぜられた時が,この地名の初見である。1350年(正平5∥観応1)の下野国の豪族小山秀親の譲状にも遠野保の地頭職がみえているので,このころ阿曾沼・小山両氏間で遠野保をめぐる所領争いがあったと推測されるが,現実には阿曾沼氏が支配していた。…

※「遠野保」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android