コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達氏 だてうじ

4件 の用語解説(伊達氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊達氏
だてうじ

江戸時代の仙台藩主,宇和島藩主,吉田藩主。中納言藤原山蔭の子孫と伝えられる。鎌倉時代初期に常陸国伊佐郡の領主伊佐朝宗が源頼朝に属して戦功をあげ,陸奥国伊達郡を与えられてから伊達と称した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伊達氏【だてうじ】

藤原北家流。常陸(ひたち)の伊佐(中村)朝宗が源頼朝の奥州合戦に従い,陸奥(むつ)伊達郡を与えられ伊達氏を称した。以後奥州の有力豪族。戦国時代稙宗(たねむね)のとき戦国大名に成長,塵芥(じんかい)集を制定。
→関連項目一関[市]鷹場留守氏

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

だてうじ【伊達氏】

鎌倉~江戸期の武家。藤原姓。中納言山蔭6代目の子孫実宗が常陸国伊佐荘中村に住して伊佐または中村と称し,始祖朝宗はその玄孫と伝える(図)。1189年(文治5)の奥州合戦で源頼朝に従軍した中村常陸入道念西(伊達朝宗)の子息らは,陸奥国伊達郡石那坂の合戦で平泉藤原方の信夫(しのぶ)荘司佐藤一族らを破った。戦後念西は功により伊達郡を与えられ,次男以下を従えて常陸から移り伊達氏を称した(長男為宗は常陸の本領に住し伊佐氏を称した)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊達氏
だてうじ

鎌倉時代~江戸末期の武家。藤原姓、中納言(ちゅうなごん)山蔭(やまかげ)の子孫と伝える。初め常陸国(ひたちのくに)伊佐庄(いさのしょう)中村(茨城県筑西(ちくせい)市)に住し伊佐または中村を称したが、朝宗(ともむね)の世に源頼朝(みなもとのよりとも)の奥州征討従軍の功により陸奥国(むつのくに)伊達郡(福島県)を賜り、移住して伊達氏を称した。建武新政(けんむのしんせい)に際し行朝(ゆきとも)は奥州式評定衆(ひょうじょうしゅう)となり、15世紀初頭の政宗(まさむね)(大膳大夫(だいぜんだいぶ))のころまでに信夫(しのぶ)、刈田(かった)、伊具(いぐ)、亘理(わたり)、柴田(しばた)、名取(なとり)、宮城および出羽国(でわのくに)置賜(おきたま)(長井庄)などの諸郡に勢力を伸ばし、室町幕府と結び関東公方(くぼう)に敵対した。稙宗(たねむね)は陸奥守護に任じて分国法(ぶんこくほう)「塵芥集(じんかいしゅう)」を制定し、その子晴宗も奥州探題となった。晴宗の孫政宗の世に仙道(せんどう)諸郡と会津を略取したが、豊臣秀吉(とよとみひでよし)に服属し没収された。晴宗の世に本拠を伊達郡から米沢(よねざわ)に移し、政宗の世に玉造(たまつくり)郡岩出山(いわでやま)(宮城県大崎(おおさき)市)、さらに仙台に移り、62万石を領して幕末に至る。戊辰戦争(ぼしんせんそう)には奥羽越列藩同盟の主となり、会津藩を擁護したため28万石に減封された。宇和島伊達氏(10万石)は政宗の庶長子秀宗を祖とする。[小林清治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の伊達氏の言及

【宇和島藩】より

…豊臣秀吉の四国征伐後,宇和郡は1587年(天正15)戸田勝隆,95年(文禄4)藤堂高虎が領主となり,高虎は板島丸串城を本城として築城した。1608年(慶長13)富田信高が領主となり,15年(元和1)伊達政宗の庶長子秀宗が宇和郡10万石の領主として入部し,以後廃藩まで伊達氏9代の治世が続いた。秀宗は18‐35年(元和4‐寛永12),父政宗の隠居料として3万石を割き,この間宇和島藩は7万石であった。…

【仙台藩】より

…陸奥国(宮城県)仙台に藩庁を置いた外様大藩。藩主は伊達氏で藩祖伊達政宗以下14代。1591年(天正19)政宗が出羽国米沢から玉造郡岩出山に移されたのが初めで,1600年(慶長5)仙台に築城した。…

【大名】より

…宗氏は1万石余であるが対馬1国を領有するし,朝鮮との外交関係があったので10万石格の国主の扱いを受けた。 これに准ずる大名,領地高の多い大名は,伊達氏(陸奥仙台62万石余),細川氏(肥後熊本54万石),鍋島氏(肥前佐賀35万石余),藤堂氏(伊勢安濃津32万石余),松平氏(越前福井32万石),有馬氏(筑後久留米21万石),佐竹氏(出羽秋田20万石余),松平氏(出雲松江18万石余),柳沢氏(大和郡山15万石余),上杉氏(出羽米沢15万石)の10家で,合計20家の国主大名が存在した。 ただし1ヵ国を領有する酒井氏(若狭12万石余で小浜に住する),松浦氏(壱岐等6万石余,肥前平戸),稲垣氏(志摩等3万石,鳥羽)の3家は,領地高が多くないので国主としない。…

【出羽国】より

…この内乱期から室町幕府支配の下で,郷村を名字とする数多くの土豪層,国人層が台頭し,守護大名的領主も出現する。庄内の大宝寺氏,仙北の小野寺氏,米沢・伊達の伊達氏,秋田・津軽の安東氏は,京都扶持衆にもなった。十刹諸山に指定された光明寺,勝因寺,崇禅寺,金剛寺,資福寺は彼らの勢力範囲に照応する。…

【陸奥国】より


[戦国時代]
 戦国時代の陸奥国は,数郡にわたる支配領域をもつ伊達,蘆名,葛西,大崎,南部らの大名と,その周縁部に位置する郡規模あるいはそれ以下の国人によって構成されており,国人層の帰趨をめぐって複雑な抗争がくりひろげられていた。南奥では,戦乱は伊達氏を中心に展開する。伊達氏は16世紀前半に尚宗(ひさむね)対稙宗(たねむね),稙宗対晴宗の当主父子の対立を軸とする深刻な内争を経験し(後者を天文の乱という),その中でみずからを戦国大名に鍛え上げていった。…

【米沢[市]】より

米沢盆地の南部に位置し,中心市街地の米沢は松川扇状地上に発達した旧城下町で,奥羽本線,山形新幹線と国道13号線が福島県に通じ米坂線が分岐する県南置賜(おきたま)地方の中心都市である。中世に長井氏の築城によって開け,戦国期には伊達氏の領国の中心地として城下町の原型が形成された。1601年(慶長6)上杉景勝が会津から移封されて以後明治まで約270年間にわたる上杉氏の統治が続いた。…

【留守氏】より

…その所領は国衙周辺の広大な高用名(こういうみよう)の中にあった。室町時代以後,岩切城(高森城,鴻(こう)の館ともいい,現,仙台市岩切)を居城として国人領主化したが,早くから伊達氏の影響を受け,15世紀中ごろの伊達邦宗の入嗣をはじめとして,1500年(明応9)の景宗,67年(永禄10)の政景(宗朝)と,あいついで当主が伊達氏から入っている。近世には伊達氏の家臣となって一門の家格に列せられ,胆沢郡水沢(岩手県水沢市)で1万6000石を給せられ,幕末にいたった。…

※「伊達氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊達氏の関連キーワード桜町中納言四納言堤中納言納言藤原朝忠藤原朝成藤原公通藤原実行藤原宗家山蔭中納言

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊達氏の関連情報