コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斯波氏 しばうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斯波氏
しばうじ

室町時代の豪族。清和源氏足利氏の支流。足利泰氏の子家氏が陸奥国斯波郡に下向して斯波氏を称したのに始る。代々尾張守となったので尾張家とも呼ばれた。宗家,家貞を経て高経のとき,元弘・建武の乱 (→元弘の乱 , 建武中興 ) にあたり,足利尊氏の挙兵に応じて戦功を重ね,特に北陸地方の経営に功績を立てて越前,若狭などの守護に任じられた。以後隆盛に向い,その子義将は3度管領の要職について室町幕府の基礎を固めた。細川,畠山両氏とともに三管領 (→三管四職 ) と称せられ,幕府内で最も格式高い家柄を誇った。義将は越前,若狭のほか,越中,能登,尾張,遠江,信濃などの守護職を合せて大いに勢力をふるい,義将以後は代々兵衛督,兵衛佐に任じられたので,武衛家とも呼ばれた。義将のあとも,義重,義淳と相次いで管領となり,幕府内で重んじられたが,義郷の子義健に嗣子がなく,家臣らの計らいで一族持種の子義敏を養子として家督を継がせた。しかし,義敏は重臣らとことごとに対立し,彼らの要求で将軍義政のために退けられ,代って渋川義鏡 (よしかね) の子義廉 (よしかど) が家督を継ぎ,管領に任じられたが,義敏,義廉の家督争いが一因となってやがて応仁の乱が勃発した。乱後,本拠越前は朝倉氏,その分国尾張は織田氏,遠江は今川氏へと,各守護代の領有に帰し,義廉の子義達 (よしさと) ,孫義統 (よしむね) はわずかに織田氏に奉じられて尾張の清洲にいたが,義統の子義銀 (よしかね) は永禄4 (1561) 年織田信長に追われて滅亡した。庶流に,高経の弟家兼を祖とする奥州の大崎氏最上氏がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

斯波氏【しばうじ】

足利氏一門の名族。室町幕府管領(かんれい)家の一つ。越前(えちぜん)を本拠とし,越前・若狭(わかさ)・尾張(おわり)・遠江(とおとうみ)などの守護。義健に嗣子がなく,一族の義敏と傍系渋川家から入った斯波義廉(よしかど)が家督を争い,応仁・文明の乱の一因となる。
→関連項目朝倉孝景一乗谷斯波高経紫波[町]富樫氏初倉荘引間

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しばうじ【斯波氏】

室町幕府の管領家。代々の当主が尾張守に,また兵衛督,兵衛佐に任ぜられたので,尾張家とも武衛(ぶえい)(兵衛の唐名)家とも呼ばれる。足利氏一族の名族で,足利家氏が陸奥国斯波郡に下り,高水寺城に拠って斯波氏を称したのにはじまる。その曾孫高経(たかつね)(斯波高経)は足利尊氏に従い新田義貞を討って越前,若狭などの守護となる。高経の子義将(よしまさ)(斯波義将)は幕府の重鎮として前後3回管領を務め,細川頼之とともに義満を助けて幕府の基礎を確立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斯波氏
しばうじ

足利(あしかが)一門の守護大名(しゅごだいみょう)。清和源氏(せいわげんじ)。嫡流は室町幕府の管領(かんれい)家。尾張(おわり)家、武衛(ぶえい)家ともいう。鎌倉中期に足利泰氏(やすうじ)の長男家氏(いえうじ)が陸奥国(むつのくに)斯波(志波、紫波)郡(岩手県紫波(しわ)郡)を領したのに始まる。家氏の曽孫(そうそん)高経(たかつね)は足利尊氏(たかうじ)に従い越前(えちぜん)守護などとなり、将軍義詮(よしあきら)のもとで幕府執事(しつじ)となった子息の義将(よしまさ)を後見したが失脚。義将はやがて義満(よしみつ)、義持(よしもち)を助け三度管領となって幕府に重きをなし、子義教(よしのり)(初め義重(よししげ))とともに斯波氏が越前、尾張、遠江(とおとうみ)三国守護を世襲する基を開いた。のち義健(よしたけ)に嗣子(しし)がなく、一族の義敏(よしとし)と渋川(しぶかわ)氏から入った義廉(よしかど)とが家督を争い、応仁(おうにん)の乱(1467~77)の一因となった。乱中、越前を重臣朝倉(あさくら)氏に奪われ、戦国時代には遠江を今川(いまがわ)氏に奪われ、斯波氏は尾張守護代織田(おだ)氏に擁せられてようやく家名を保ったが、尾張清洲(きよす)城(愛知県清須(きよす)市)にいた義銀(よしかね)が1561年(永禄4)織田信長に逐(お)われて滅びた。なお、高経の弟家兼(いえかね)は奥州探題大崎(おおさき)氏の祖、家兼の子兼頼(かねより)は羽州探題最上(もがみ)氏の祖であり、この両氏は奥羽の戦国大名となった。[小川 信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の斯波氏の言及

【越前国】より

…その後義貞の弟脇屋義助が高経を加賀へ放逐するなど一時的に南朝の勢力挽回をはかったが,再び高経は反撃に転じ,越前国内の南朝方の諸城を抜いてようやく越前を高経の掌中に収めた。このあと高経は2度も幕府に背き66年(正平21∥貞治5)には失脚して,越前守護職は細川頼春や畠山義深らに移ったこともあるが,79年(天授5∥康暦1)ころ高経の子義将が復帰して以後は,斯波氏の世襲するところとなった。斯波氏は管領家として幕政に参与したが,代々治世短命が多く,6代義健の若死後は支流の義敏が宗家を継承した。…

【応仁・文明の乱】より

…室町時代末期にあたる1467‐77年(応仁1‐文明9)に京都を中心に全国的規模で展開された内乱。この乱では,東軍(細川勝元方)と西軍(山名持豊(宗全)方)に分かれて,全国各地ではげしい合戦が展開され,中央の状況だけではなく各地の政治的状況が反映していた。
【原因】

[家督争い]
 乱の原因は複雑な要素からなっていたが,その中でも表面だった要因の一つに,有力守護家内部における家督争いと,有力守護大名間の対立があげられる。…

【尾張国】より

…両郡分割支配は15世紀以降も続き,一色氏が両郡守護を兼ねた。1400年ころ,斯波義重が守護に着任,以後戦国期に至る150年間,尾張は足利一門守護斯波氏の領国支配下におかれる。越前時代からの被官甲斐・織田・二宮氏らが尾張に送りこまれ,荘園・公領に給人として配置された。…

【遠江国】より

…しかし北朝方の遠江守護今川範国らの活躍で諸城が落とされ,南朝方の抗戦も終わった。遠江国守護職は範国の後,一時仁木氏,千葉氏らにも変わるが,主として今川氏がおさえ,斯波義重から今川泰範,そして1419年(応永26)に斯波義淳が任ぜられて以降,室町期には斯波氏が世襲した。しかし斯波氏は越前,尾張の守護を兼ね,遠江を本拠としなかったため,今川貞世(了俊)や仲秋系の遠江今川氏の勢力が根強く残った。…

※「斯波氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

斯波氏の関連情報