遠野市(読み)とおの

  • とおのし〔とほの〕
  • 遠野〔市〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩手県南東部,北上高地の南部,遠野盆地の中心にある市。 1954年遠野町と綾織村,小友村,附馬牛村,土淵村,松崎村,青笹村,上郷村の7村が合体して市制。 2005年宮守村と合体。市名は中世以来の地名による。かつて中心市街地は,城下町および内陸部と太平洋岸の物資の中継地として栄えた。市街に城下町時代の遺構を残す。江戸期以来のウマの産地で,馬市は全国的に有名であった。農林業が主産業で,米作を中心に野菜,ホップ,葉タバコなどを栽培するほか,北上高地総合開発における酪農畜産の中心をなす。北部の早池峰山および薬師岳の高山帯・森林植物群楽は国の特別天然記念物に指定され,付近一帯早池峰国定公園に属する。遠野盆地を中心とした一帯は柳田国男の『遠野物語』で知られる民俗学の資料の宝庫。旧菊池家住宅は国の重要文化財,綾織新田遺跡は国の史跡に指定される。国道 107号線,283号線,340号線,396号線が通り,JR釜石線が市の南部を横断する。面積 825.97km2。人口 2万8062(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

事典 日本の地域遺産の解説

(岩手県遠野市)
怪遺産」指定の地域遺産(2010(平成22)年(第3回))。
古くから妖怪の伝承地であり、それを生かした町作りに取り組んでいる。「遠野物語」出版から100周年にあたる2010(平成22)年に認定

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遠野市の関連情報