檀那(読み)だんな

  • ×檀那/旦那

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンスクリット語 dāna音写すことを意味し,六波羅蜜の一つである。中国や日本では dānapatiの音写である檀越略語として施主の意味で用いられる。ここから施す人である経済的な援護者をさし,さらに富裕な家の主人も意味するようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

《〈〉dānaの音写》
ほどこし。布施。転じて、布施をする人。檀越(だんおつ)。檀家。
商家の奉公人などが男の主人を敬っていう語。「店の大―」
商人が男の得意客を、また役者や芸人が自分のひいき筋を敬っていう語。また一般に、金持ちや身分のある男性を敬っていう。「―、これはよい品でございますよ」「顔見世に―衆を招く」
妻が夫をいう語。他家の夫をいう場合もある。「お宅の―」
妾(めかけ)の主人。パトロン。「―がつく」「―を取る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

サンスクリットのダーナの音写。布施(ふせ)と訳す。在家の修行徳目の重要な一つで,六波羅蜜の第1位。転じて檀越(だんおつ)の意味に混用される。
→関連項目御師

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サンスクリットdānaの音訳で,布施の意。梵語漢語を合わせて檀施とも記す。また布施する人を意味する越dāna‐patiと混用され,寺院僧尼衣食住を施与する信者を,の方から檀那,檀越(だんおつ)という。中国には檀家制度がなく,寺院が特定の檀越に支えられることは少なかったが,貴族豪民には一家の菩提寺を建てて,寺院に与えられた特権を横取りしたり,寺院の質庫に財産を寄託して殖産をはかるものもあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の檀那の言及

【布施】より

…サンスクリットdānaの訳で,音訳は檀那である。両語を合わせて檀施ということがあり,布施する者を檀那檀越(だんおつ),檀家ということもある。…

※「檀那」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

檀那の関連情報