コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠隔学習 エンカクガクシュウ

図書館情報学用語辞典の解説

遠隔学習

学習者が教授者と地理的に離れた状態で指導・支援を受ける学習形態.学習内容や学習情報を伝えるために郵便あるいはテレビ,ラジオなどの放送を用いた通信教育や,インターネットを用いたeラーニングなどがある.学校教育だけでなく,生涯学習でも利用される.図書館は学習情報の提供と学習の場の提供という観点から,遠隔学習の支援が可能である.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

遠隔学習の関連キーワード国立教育政策研究所社会教育実践研究センターディスタンス・ラーニング/イーラーニングアップ学級

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android