コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遡る/溯る/泝る サカノボル

デジタル大辞泉の解説

さか‐のぼ・る【遡る/×溯る/×泝る】

[動ラ五(四)]
流れに逆らって上流に進む。「川を―・る」
物事の過去や根本にたちかえる。「歴史を―・る」「本源に―・って考える」
[可能]さかのぼれる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

遡る/溯る/泝るの関連キーワード熊本名産からし蓮根アッペンツェラー岩出山しの竹細工ポン・レヴェックグリュイエール下川原焼土人形会津絵ろうそく神埼そうめん三春張子人形琉球びんがたアボンダンスイタヤ細工市川大門紙岩谷堂箪笥かめや旅館河姆渡遺跡会津本郷焼ライオル淡路鬼瓦行庵手織

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android