コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

適格認定制度 てきかくにんていせいど accreditation

翻訳|accreditation

1件 の用語解説(適格認定制度の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

適格認定制度

第三者による大学の評価制度。大学などの高等教育機関が大衆化するに従って、その質的な水準を保証する制度が必要となり、また国際化によって国際間での学位の相互認定が必要とされている。2002年11月に学校教育法が改正され、大学は政府に認証された認証評価機関の適格認定を受けることになった。

(金子元久 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

適格認定制度の関連キーワードフェロー既修政策評価制度多面評価制度国立大学の法人化大学の認証評価福祉サービス第三者評価国立大学法人法案独立行政法人大学評価・学位授与機構法案21世紀COEプログラム

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone