コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

適正成長率 てきせいせいちょうりつwarranted rate of growth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

適正成長率
てきせいせいちょうりつ
warranted rate of growth

R.F.ハロッド経済成長率概念の一つで,資本財の供給と需要が一致し,資本設備の完全利用が成立している場合の国民所得の成長率。彼によれば資本財の供給量は貯蓄量に等しいが,ここで貯蓄率を s,国民所得を Y,国民所得を1単位増加するために必要な資本量を必要資本係数と呼び,これを Crとすると,資本財の供給 (=貯蓄) と需要が一致する場合は,CrΔYsY ,したがって ΔY/Ys/Cr となり,適正成長率は貯蓄率を必要資本係数で割った値に等しい。資本財の供給と需要が一致する場合は,資本財の生産が過剰でも不足でもなく,資本設備が完全稼働の状態にあり,企業者は極大利潤を得ていることを示している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

てきせいせいちょうりつ【適正成長率】

資本(生産設備)の完全な利用を常に保証する成長率。ハロッドによって用いられた。完全能力成長率。保証成長率。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

適正成長率の関連キーワードアンティノミー理論動態経済学序説経済成長

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android