コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資本係数 しほんけいすう capital coefficient

5件 の用語解説(資本係数の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資本係数
しほんけいすう
capital coefficient

生産物1単位を生産するために,その何倍の資本を必要とするかを示す係数のこと。資本-産出高比率ともいう。いまある一定期間における生産物の産出量を O ,生産に投入した資本の量を K とすると,資本係数は一般に K/O で表わされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しほん‐けいすう【資本係数】

産出量一単位を生産するのに必要な最小の投入資本量。資本産出量比率。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しほんけいすう【資本係数 capital coefficient】

資本ストック(資本の存在量)(K)と生産高ないし所得(Y)の比率(K/Y)のこと。資本‐産出量比率,資本の産出係数ともいう。一定の生産物を生み出すためには生産要素の一つとして資本(たとえば機械,工場設備等)が必要とされるが,いま1単位の生産ないし所得を生み出すのにどれだけの資本ストックが必要とされるか,これを表すのが資本係数にほかならない。最も代表的な資本係数は国民経済全体についての係数,すなわち一国の総資本ストックをたとえば国民純生産で割ったものであるが,これはR.F.ハロッド,E.D.ドマーらによって展開された経済成長理論(ハロッド=ドマー的成長モデル)において重要な役割を果たすものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しほんけいすう【資本係数】

一単位の産出量を得るのに必要とされる資本投入量。投入産出比率。資本産出比率。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

資本係数
しほんけいすう
capital coefficient

資本額を産出額で除した大きさをいい、資本産出高比率ともよばれる。この概念は個々の企業または産業レベルに関しても用いられるが、比較的利用度の高いのは経済全体についてであって、この場合には産出高は通常、国民所得国内総生産等)の意味に解される。資本係数は、分母・分子に絶対水準がとられるか増加分がとられるかに応じて、平均資本係数限界資本係数とに区別される。また、現実の資本額・産出高がとられるか、産出高1単位(または産出高1単位の増加分)を生み出すのに必要な資本額(またはその増加分)がとられるかに応じて、それぞれ現実資本係数、必要資本係数とよばれる。
 成長理論の分野で先駆的な業績を残したR・F・ハロッドは、このような資本係数概念を用いることによって、資本主義経済の不安定性を論証しようとした。
 いま現実の資本係数をCとすれば、現実の成長率Gは、GsCと表すことができる。ただしsは貯蓄率である。他方、必要資本係数をCr(一定)、適正成長率(資本の完全稼働をちょうど許すに足るほどの所得の成長率)をGwとすれば、Gws/Crである。この二つの式から次のことがいえる。もしも現実の成長率Gが適正成長率Gwよりも大であるとすれば、必要資本係数Crは現実資本係数Cよりも大きくなり、資本不足の状態がおこる。このとき企業家は投資を増大させてこの不足を補おうとするものだと考えるならば、その投資増加はさらにGを高め、GGw間の乖離(かいり)をますます大きなものにしてしまう。逆に現実の成長率が適正成長率よりも小さい、すなわち現実資本係数が必要資本係数よりも大であれば、Gはますます縮小し、Gwから乖離してしまう。したがって成長率が一定の値をとりうるのは、現実資本係数が必要資本係数にたまたま合致したときに限られる。しかしその可能性はきわめて小さく、偶然に支配される。こうしてハロッドは経済の不安定性を論じたのであるが、この不安定性の問題は「ナイフ・エッジ問題」とよばれている。
 ハロッドはまた、資本係数概念を技術進歩の分類にも用いた。ハロッドの意味での中立性基準は、利子率(利潤率)一定のもとで資本係数を不変のままにとどめる技術進歩によって求められ、資本係数を上昇させるものは労働節約的技術進歩、低下させるものは資本節約的技術進歩とよばれる。[大塚勇一郎]
『R・F・ハロッド著、宮崎義一・浅野栄一訳『景気循環論』(1963・東洋経済新報社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

資本係数の関連キーワード固定資本資本ストック社会資本ストック資本集約度資本深化資本浅化流通資本粗資本ストック純資本ストック生産的資本ストック

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone