遷座(読み)センザ

デジタル大辞泉の解説

せん‐ざ【遷座】

[名](スル)神仏または天皇の座を他の場所に移すこと。また、それが移ること。「御神体を新殿に遷座する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんざ【遷座】

( 名 ) スル
神仏の座をほかへ移すこと。天皇についても用いることがある。 「御神体を仮殿かりどのへ-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐ざ【遷座】

〘名〙 神体、仏像などをよそへ移すこと。また、それが移ること。
※御湯殿上日記‐文明一一年(1479)七月二四日「こよひいぬの時にないし所せんさあり」
※俳諧・去来抄(1702‐04)先師評「此は善光寺如来の、洛陽真如堂に遷座有し日の吟にて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の遷座の言及

【遷宮・遷座】より

…神殿の改修造営に際して,神霊を移すこと。この場合,遷宮は伊勢神宮にのみ用い,一般神社では遷座といい,その祭儀を遷宮祭,遷座祭という。伊勢神宮では,7世紀後半の天武朝以来20年に1度〈式年遷宮〉が行われ,中世戦乱期に一時遅延したが,現在まで続いて行われている。…

※「遷座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遷座の関連情報