コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神体 シンタイ

5件 の用語解説(神体の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しん‐たい【神体】

神霊が宿っているものとして神社などに祭り、礼拝の対象とする神聖な物体。古代では山岳・巨岩・大木などが神体または神の座として考えられたが、今日では鏡・剣・玉・鉾(ほこ)・御幣・影像などが用いられることが多い。みたましろ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

神体【しんたい】

神霊の宿る神聖な物体。神道での礼拝の対象。霊代(みたましろ)・御正体(みしょうたい)とも。神社の本殿などに奉安する。最も古くは,奈良の三輪山富士山などのように,山そのものを神体とする例があるが,一般には自然物では岩石,樹木など,加工品では鏡,玉,剣,御幣,神像(絵画,彫刻,鋳造物)など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しんたい【神体】

神道の祭りや拝礼にあたってその対象となるものを神そのものと仰ぐ場合にいう。神体とは神自身という意味で,古くは《大倭神社注進状》《伊呂波字類抄》《釈日本紀》などに見え,平安中期ごろからの用語とされる。類語としては,〈神体形(かみのみかた)〉や〈霊御形(みたまのみかた)〉が神霊の宿る物体の意味,〈御正体(みしようたい)〉〈御体(ぎよたい)〉は正真正銘の神体の意味となる。しかし記紀にいうモノザネ(物実,物根)や風土記逸文でのシルシ(表)のように,本来は特殊な玉石,岩,樹木あるいは高山名岳など印象の強い自然の物体に神霊の内在や降臨をみて祭祀する対象としたが,やがて祭祀の場でこれらを装飾したり奉納したりする人工の宝物,すなわち鏡,玉,剣,鉾,鈴,織布などが神体化し,神社建築が営まれるにしたがって,これらを社殿の奥深くに収めるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんたい【神体】

神霊が宿っているものとして、祭祀さいしに用いられ礼拝の対象となる神聖な物体。古来、鏡・剣・玉・鉾ほこ・影像などが多く用いられた。みたましろ。
能楽で、神らしい風体。 「神をば、いかにも-によろしきやうに出で立ちて/風姿花伝」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神体
しんたい

神霊の宿る物体のことで、それは神そのもの、神の本体として礼拝の対象物となる。御霊代(みたましろ)、御正体(みしょうたい)、霊御形(みたまのみかた)ともいう。神籬(ひもろぎ)、磐境(いわさか)、磐座(いわくら)に神霊を招き、それを礼拝の対象物として祭祀(さいし)を行うことは、古典にもみえ、祭祀遺跡としても認められる。また、聖なる山を神体山と称して礼拝したり、特別な滝や泉を祭祀の対象となしている。これらはいずれも自然物であるが、礼拝者にとっては神体とみなされる。社殿内の神体は、鏡が多い。神像彫刻や神像画、あるいは玉や石もある。そのほか弓、矢、剣(つるぎ)、矛(ほこ)などがあり、これらは兵器といわれるが、祭祀具の一種である。仏・菩薩(ぼさつ)や沙門(しゃもん)像を神体とした場合もある。これは本地垂迹(ほんじすいじゃく)思想によるもので、多くは祭神の本地仏である。特殊な例では釜(かま)や枕(まくら)、鈴、笏(しゃく)などを神体としている神社もある。また、木札に神名を記して神体とする場合もある。1868年(慶応4)の神仏分離令以後は、御幣(ごへい)を神体とする神社が増えた。一般に現在の神社は御幣を神体としている。このように、さまざまな神体があるが、とりわけ鏡は代表的で、一名御正体とよばれる。鏡面に神道(しんとう)的な図像や仏・菩薩像や権現(ごんげん)像などを毛彫りにした優品もある。なお、神体を納める容器を樋代(ひしろ)ないし璽筥(しるしのはこ)と称し、樋代を安置するものを船代(ふなしろ)という。[三橋 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の神体の言及

【神道】より


[神社と神官]
 祭りのたびに神々を迎える信仰のもとでは,神々が来臨する磐座(いわくら)・磐境(いわさか),祭りが行われる森や山などが神社であり,神殿は作られない場合が多かった。しかし,建築の発達につれて,神体,御霊代(みたましろ),神宝などを安置する秀倉(ほくら)や,神をまつる人々がこもって潔斎をするための建物が建てられるようになると,前者は本殿へ,後者は幣殿・拝殿へと発展し,それを囲む垣,神域を表示しその入口を示す鳥居,神饌を調理する御饌殿(みけでん),参拝者が身を浄める御手洗(みたらし)をはじめ種々の施設が加わって,神社の形が整った。神殿の建築は,穀物倉を原型とする伊勢神宮と,住宅に由来する出雲大社の神殿が代表的なもので,後に寺院や宮殿の形式をとり入れながら,数々の日本独特の様式が生み出された。…

【性器崇拝】より

…また,インド,ネパール,インドネシアなどヒンドゥー文化圏の各地では,ヒンドゥー教の主神の一つであるシバ神を象徴した男根像をまつって,多産や豊穣を祈願する風習が顕著にみられる。 日本の民俗文化のなかにも,男女の生殖器を御神体とする民間信仰が多くみられる。岩手県遠野地方に,男根を神体とし,信者たちは毎年男根形のものを奉納するという駒形神社がある。…

※「神体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

神体の関連キーワード藤波神道休日勤務獺の祭り・獺の祭星の祭後の祭大神の祭川獺の祭臨時の祭交換殺人連結の範囲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神体の関連情報