コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺骨収集

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

遺骨収集

第2次世界大戦で亡くなった旧日本兵らの遺骨収集は、厚労省遺族らがフィリピンなど南方地域、旧ソ連地域などでも実施している。海外戦没者約240万人のうち、08年末までに約125万柱を収集。DNA鑑定などで遺族の元に戻る例もある。遺族がわからない場合の埋葬地は、東京の国立千鳥ケ淵戦没者墓苑。沖縄戦の場合は、沖縄県糸満市摩文仁の国立沖縄戦没者墓苑となっている。

(2009-08-15 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遺骨収集
いこつしゅうしゅう

第二次世界大戦中の、日本人海外戦没者の遺骨を探索し、集めること。戦域を海外に広く拡大した太平洋戦争では、終戦後も多くの戦死者の遺骨がそのまま現地に放置された。講和条約発効後の1952年(昭和27)より、厚生省引揚援護局(現厚生労働省援護企画課)は、かつての主要戦域に収集団を派遣し、遺骨の収集を行った。57年までの間の第一次計画後、第二次計画(1967~72)、第三次計画(1973~75)と実施され、第三次計画からは、日本遺族会、戦友団体などの民間団体もこれに加わるようになった。しかし、収集地国のさまざまな特殊事情や遺骨の風化などから、完全な収集は事実上不可能となり、遺族の要望にこたえるため、70年からは主要戦域に慰霊碑を建設、76年からは慰霊巡拝も行われるようになった。慰霊碑は硫黄(いおう)島をはじめとし、サイパン島、ラバウル、80年にはビルマ(現ミャンマー)、81年にはニューギニア島、82、83年にはマニラ郊外にも建設されている。[可児秀夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

遺骨収集の関連キーワードフィリピンの戦没者遺骨問題シベリア抑留者の遺骨収集戦没者遺骨のDNA鑑定硫黄島の戦いと遺骨収集北朝鮮の日本人遺骨問題シベリア抑留と遺骨収集東部ニューギニア戦線日本丸(帆船練習船)硫黄島の激戦玉置 一徳草鹿 任一和智 恒蔵鶴田 浩二具志堅隆松在郷軍人会草鹿任一戦友会

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遺骨収集の関連情報