コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

還魂紙料 かんごんしりょう

1件 の用語解説(還魂紙料の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんごんしりょう【還魂紙料】

江戸後期の考証随筆。柳亭種彦著。為一(葛飾北斎)画(若干図)。1826年(文政9)刊。2巻2冊。原本の版心(柱)にある〈すきかへし〉を書名にする向きもあるが,同年刊の種彦の合巻に自身音読している。1824年成稿。上巻17項,下巻11項と補説7項。江戸初期の著名俳優,戯曲,芸能,習俗などにつき,古俳書から引例し,古画を模出紹介して精細な考証ぶりを示した高度な考証書。【鈴木 重三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

還魂紙料の関連キーワード柳亭種彦(初代)山崎美成柳亭種彦骨董集用捨箱高屋種彦鳥羽広丸瓢亭種繁柳屋菊彦柳亭種彦(2代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone