コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

還魂紙料 かんごんしりょう

世界大百科事典 第2版の解説

かんごんしりょう【還魂紙料】

江戸後期の考証随筆。柳亭種彦著。為一(葛飾北斎)画(若干図)。1826年(文政9)刊。2巻2冊。原本の版心(柱)にある〈すきかへし〉を書名にする向きもあるが,同年刊の種彦の合巻に自身音読している。1824年成稿。上巻17項,下巻11項と補説7項。江戸初期の著名俳優,戯曲,芸能,習俗などにつき,古俳書から引例し,古画を模出紹介して精細な考証ぶりを示した高度な考証書。【鈴木 重三

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

還魂紙料の関連キーワード柳亭種彦(初代)小野お通飴売

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android