重三(読み)じゅうさん

精選版 日本国語大辞典「重三」の解説

じゅう‐さん ヂュウ‥【重三】

〘名〙
① 陰暦三月三日の節供上巳(じょうし)。ちょうさん。
双六(すごろく)で、二つの賽(さい)の目がともに三と出ること。ちょうさん。朱三(しゅさん)
※平治(1220頃か)上「重三重四の目に朱をさされてより以来、朱三朱四とよぶとこそみえて候へ」
③ 誓いを立てる時に添えることば。
※洒落本・初葉南志(1780)「重三(ヂウサン)みぢん偽りは申さぬ、現金掛値なしといへば」

ちょう‐さん【重三】

〘名〙 (三が重なる)
① 陰暦三月三日の節供。上巳(じょうし)。じゅうさん。《・春》
※俳諧・誹諧通俗志(1716)時元巳 重三」 〔閻朝隠‐三日曲水侍宴詩〕
② 双六(すごろく)で、二つの采(さい)にともに三の目がでること。じゅうさん。朱三。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android