コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邑城 ユウジョウ

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐じょう〔イフジヤウ〕【×邑城】

中国の城郭で、都市や村落全体を城壁で取り囲み、所々に門を設けて外部と通じるようにしたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうじょう【邑城】

中国の城郭で、都邑全体を城壁で囲んで外敵を防ぐ構造のもの。城郭都市。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の邑城の言及

【邑】より

…現在でも多くが郡庁所在地として一地方の中心地となっている。通常,〈邑〉は城壁(邑城)で囲まれ,外部からの出入りは数ヵ所の城門に限られていた。邑城の規模は数百m四方が多く,居住人口は開城や平壌などを除けば1000~3000人程度である。…

※「邑城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

邑城の関連キーワード城郭都市嶺南楼水原城外敵運城

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

邑城の関連情報