コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那智石 なちいし

世界大百科事典 第2版の解説

なちいし【那智石】

和歌山と三重の県境部の和歌山県那智地方や三重県熊野市神川町に産する黒色緻密なケイ質粘板岩の石材名。那智黒ともいう。三重県南牟婁郡御浜町七里御浜で採取される薄い楕円形の砂利は,河川によって運搬され海岸の波浪によって磨かれたもので,純黒色で光沢があり,敷砂利の最良質のものとして全国に有名である。内陸産の塊状のものは庭石にも用いられ,熊野市で黒碁石や硯にも加工される。かつては試金石として使用された。【矢橋 謙一郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

那智石の関連キーワード盆山

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android