コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

試金石 シキンセキ

デジタル大辞泉の解説

しきん‐せき【試金石】

金など貴金属の鑑定に用いられる黒色の硬い石。表面に金をこすりつけ、その条痕(じょうこん)色を標準品のものと比較して純度を判定する。金(かね)付け石。
物の価値や人の力量などを計る基準となる物事。「政府の行政能力を問う試金石

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

試金石

チャート

試金石

(1) 黒色緻密な石英質の岩石で,金合金の条痕を付け,その色合いによって金合金の純度を調べた.主として潜晶質のシリカやカルセドニイが存在し,放散虫の遺骸が含まれている.最初は小アジアのリディア(Lydia)の地方で記述された[Theophrastus : 320 B. C. , Tarr : 1939-1938,片山ほか : 1970].リディエンネ(lydienne)[D'Aubuisson de Voison : 1819].(2) 極端に細粒の岩石で潜晶質の石英とカルセドニイからなっている.チャート状の縞の中に産出し珪化した頁岩,石灰岩,凝灰岩を示している.色は灰色,褐色,黒色,緑色で,少量の炭質物,水酸化鉄または緑泥石を含む.古くからその条痕で金や銀の純度を調べるのに用いられた[Arkell & Tomkeieff : 1953].⇒バサン岩(4.14.23)

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

しきんせき【試金石】

貴金属の純度を調べるのに用いる黒色緻密ちみつな玄武岩やケイ質の岩石。この石にこすりつけ、条痕じようこん色を既知のものと比較して金・銀の純度を試験した。金付かねつけ石。
人の力量や物の価値を判定する規準となる物事。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

試金石
しきんせき

熊野(くまの)地方に産し、俗に那智黒とよばれる塊状で緻密(ちみつ)な黒色頁岩(けつがん)。表面を平滑に加工してある。金製品をその表面にこすりつけたときの色や、硝酸による処理(銀分を溶かし去ったものと未処理のものと色を比較する)結果からその金品位を推定するのでこの名がある。良質のものは碁石として利用される。この産地の頁岩は通常のものに比べて粘土鉱物が少なく、黒色の原因である炭質物の分布が均一であるうえに、長石や石英の微粒が多いため、上滑りせずに金の条痕(じょうこん)がうまくとれるという。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の試金石の言及

【試金】より

…銀は硝酸に溶解し,金は溶けずに残るので,残った金を秤量(ひようりよう)し,最初の重量と比較して金銀の含有量を求めることができる。 以上のほか,試金石touchstoneも古代から利用された。試金石には黒色で緻密(ちみつ)な玄武岩やチャートが用いられ,それに試料をこすりつけて,その条痕色と標準品の条痕色とを比較して金の純度を知るのである。…

※「試金石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

試金石の関連キーワードベン・エームズ ウイリアムズウィルソンの「十四か条」プロレタリアート独裁ラピス・リディアスビシェグラード協力スカンジナビア主義トライアルストーンコミュニティ・ケアダーリンジャイトコティキュラムハーシビーロッシーニリディア石構造改革論パラゴーネバサン岩竹中平蔵那智黒石金付け石試金法

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

試金石の関連情報