コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那波多目功一 なばため こういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

那波多目功一 なばため-こういち

1933- 昭和後期-平成時代の日本画家。
昭和8年11月8日生まれ。生地茨城県の那珂湊(なかみなと)一高在学中の昭和25年院展に初入選し,26年日展にも初入選。47年ごろから松尾敏男に師事し,59,61年の院展で「うすれ日」「燿」が大観賞をうける。平成2年「月輪」で日本美術院賞,12年「富貴譜」で芸術院賞。14年芸術院会員。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

那波多目功一の関連キーワード斎藤寅次郎五所平之助清水宏成瀬巳喜男稲垣浩小津安二郎大恐慌ルロイ伊藤大輔山中貞雄

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

那波多目功一の関連情報