那波多目功一(読み)なばため こういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

那波多目功一 なばため-こういち

1933- 昭和後期-平成時代の日本画家。
昭和8年11月8日生まれ。生地茨城県の那珂湊(なかみなと)一高在学中の昭和25年院展に初入選し,26年日展にも初入選。47年ごろから松尾敏男に師事し,59,61年の院展で「うすれ日」「燿」が大観賞をうける。平成2年「月輪」で日本美術院賞,12年「富貴譜」で芸術院賞。14年芸術院会員。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

那波多目功一の関連情報