コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月輪 ガチリン

デジタル大辞泉の解説

がち‐りん〔グワチ‐〕【月輪】

《輪のように円いところから》月。がつりん。げつりん。
月輪観(がちりんかん)」の略。

がつ‐りん〔グワツ‐〕【月輪】

がちりん(月輪)

げつ‐りん【月輪】

《形が円く、のようであるところから》異称。がちりん。

つきのわ【月輪】[地名]

京都市東山区の地名東福寺泉涌寺がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がちりん【月輪】

完全に円形の月。仏の智徳が欠けることなく円満であること、衆生の菩提心などの象徴とされることが多い。がつりん。げつりん。
「月輪観」の略。

がつりん【月輪】

げつりん【月輪】

〔丸く輪のように見えることから〕
月。がちりん。 「 -嶺に廻りて/海道記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

月輪の関連キーワード宮城県登米市豊里町加々巻山口県山口市徳地上村那波多目功一滋賀医科大学後光明天皇中御門天皇通達菩提心エネサーブ後桜町天皇月光菩薩黄金の山後西天皇高岡増隆近江鍛工早川快亮北沢郁子十八大師四条天皇月輪季尹宝生如来

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

月輪の関連情報