コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那須田又七 なすだ またしち

1件 の用語解説(那須田又七の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

那須田又七 なすだ-またしち

1842-1900 明治時代の養鰻家,公共事業家。
天保(てんぽう)13年生まれ。明治24年生地静岡県浜名郡舞阪に養魚池をつくり,ウナギなどの養殖をはじめる。のち服部(はっとり)倉治郎が養鰻事業をひきつぎ成功させた。舞阪-新居間に橋をかけ,弁天島海水浴場をつくった。明治33年死去。59歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

那須田又七の関連キーワードアンダーソン冒険小説柳亭種彦アフガン戦争アヘン戦争科学史広東十三行紀行文学臥雲辰致臥雲辰致

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone