コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

部族公国 ぶぞくこうこくStammesherzogtum

1件 の用語解説(部族公国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

部族公国
ぶぞくこうこく
Stammesherzogtum

中世初期のドイツ部族国家。その首長を部族公という。ゲルマン人の大移動と定住は部族単位になされ,その結果ドイツ各地に部族公国が多少成立した。フランク帝国が成立し統一的支配権が確立されると,部族公国は帝国内に組入れられ,部族公も形式上は国王 (皇帝) の任命にかかる官職となった。しかし部族公国は常に国王に対して独立化する傾向が強く,国王と部族公国の対立抗争は中世初期ドイツ政治史上の一重要問題である。主要なものにザクセン,フランケン,バイエルン,シュワーベンなどがあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone