コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郷ノ浦港

デジタル大辞泉プラスの解説

郷ノ浦港

長崎県にある港。壱岐島南西部に位置する天然の良港。1952年5月設立。港湾管理者は、長崎県。重要港湾(1959年6月指定)。港湾区域面積は、292ヘクタール。壱岐島における生活物資の流通拠点。またフェリーや高速船が発着する壱岐の玄関口。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内の郷ノ浦港の言及

【郷ノ浦[町]】より

…郷ノ浦は江戸時代,特に漁業権が与えられていた壱岐八浦の一つで,明治初期には商業では芦辺浦が,漁業では勝本浦,瀬戸浦が優位にあったが,第2次大戦前に国や県の出先機関が集中し,現在も壱岐支庁などの集まる壱岐の中心地となっている。重要港湾郷ノ浦港は島の玄関口をなし,博多と対馬(厳原(いづはら))へフェリーが通じる。内陸部は地下水で灌漑され,米,タバコ,ミカン,野菜の栽培と畜産が盛んである。…

※「郷ノ浦港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

郷ノ浦港の関連キーワード壱岐古墳群勝本城跡郷ノ浦壱岐市

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

郷ノ浦港の関連情報