コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壱岐島 イキシマ

5件 の用語解説(壱岐島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いき‐しま【壱岐島】

《「いきのしま」とも》⇒壱岐

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

壱岐島【いきのしま】

旧国名。壱州とも。西海道に属し,現在長崎県壱岐島。《延喜式》に下国,2郡。朝鮮航路の要地として古くから重視される。《魏志倭人伝》に〈一支(一大)国〉とみえ,のち防人(さきもり)を置く。
→関連項目壱岐九州地方長崎[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いきのしま【壱岐島】

旧国名。現在の玄界灘上の島で,全島が長崎県壱岐郡。
【古代】
 対馬島とともに古くから日本と朝鮮間の海上交通の要衝として重視され,その名はすでに《魏志倭人伝》に〈一大(支)国〉として見え,対馬島よりも田地は広く,人口は3倍であったという。大化前代は壱岐県主に支配され,律令制下では石田・壱岐2郡を管して国に準ずる取扱いを受け,のちには名実ともに壱岐国と称された。《延喜式》では西海道に属する下国とされた。国府ははじめ壱岐郡に置かれたが,のちには石田郡に移され,壱岐直の氏寺をあてたとされる島分寺は壱岐郡に所在した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県〕壱岐島(いきしま)


壱岐島(いきのしま)

〔長崎県〕壱岐島(いきのしま)


九州北部の玄界灘(げんかいなだ)西部に浮かぶ島。北西は対馬(つしま)海峡、南東は壱岐水道に面する。面積133.9km2。付属する小島嶼群を含め全島で長崎県壱岐市に属する。台地状の島で、南部にある岳ノ辻(たけのつじ)(標高213m)が最高点。大小の湾入があり、海食崖(かいしょくがい)・海食洞や砂浜もみられる。古くから朝鮮半島との海上交通の要地で、1島で1国を構成した。大陸との交流を物語る原ノ(はらの)辻遺跡・元寇(げんこう)千人塚などがある。内陸の農業集落は「~触(ふれ)」名の語尾、海岸の漁業集落は「~浦(うら)」名の語尾をもつ。海岸の大部分は壱岐対馬国定公園に属し、海中公園も2ヵ所ある。西海岸に湯ノ本(ゆのもと)温泉・郷ノ浦温泉がわく。南東部に壱岐空港がある。「いきしま」とも読む。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

壱岐島の関連キーワード玄海国定公園玄界島玄界灘津屋崎リジャイナ古賀山師の玄関玄海[町]佐賀[県]福岡沖地震

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

壱岐島の関連情報