コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都はるみ みやこはるみ

百科事典マイペディアの解説

都はるみ【みやこはるみ】

演歌歌手。京都府出身。幼少時から民謡・浪曲の英才教育を受け,16歳でデビュー。1964年《アンコ椿は恋の花》(新人賞),1976年《北の宿から》(グランプリ),1980年《大阪しぐれ》(最優秀歌唱賞)と,前人未到のレコード大賞3賞全獲得を達成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

都はるみ みやこ-はるみ

1948- 昭和後期-平成時代の歌手。
昭和23年2月22日生まれ。昭和39年「困るのことヨ」でコロムビアからデビュー。浪曲をとりいれた独特のうなり節で注目され,同年の「アンコ椿は恋の花」がヒット。以後「涙の連絡船」「北の宿から」「大阪しぐれ」などをヒットさせる。59年引退。平成2年歌手に復帰。17年シリーズニッポンの歌「新歌謡」で芸術選奨。京都出身。本名は北村春美。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

タレントデータバンクの解説

都 はるみ


芸名
はるみ

性別
女性

生年月日
1948/02/22

星座
うお座

干支
子年

血液型
B

出身地
京都府

デビュー年
1964

職種
音楽

プロフィール
京都は西陣の出身。1963年、第14回コロムビア全国歌謡コンクールで優勝、翌年に『困るのことヨ』でコロムビアレコードよりデビュー。『アンコ椿は恋の花』がミリオンセラーとなる。同曲で第6回日本レコード大賞・新人賞を受賞。『涙の連絡船』で2作目のミリオンセラーとなり、NHK紅白歌合戦に初出場を果たす。1976年『北の宿から』で日本レコード大賞、日本歌謡大賞の両賞を受賞。1980年『大阪しぐれ』で日本レコード大賞、最優秀歌唱賞を受賞、レコード大賞史上初の三冠王を達成する。2003年にはデビュー40周年を迎えて大阪、名古屋、東京でコンサートを開催。2005年、平成16年度第55回芸術選奨文部科学大臣賞(大衆芸能部門)を受賞。翌年2006年には平成17年度第24回京都府文化賞功労賞を受賞。数多くのヒット曲を生み出し、ロングコンサートも行うなど大活躍。

代表作品
CDシングル『北の宿から』(1976) / CDシングル『大阪しぐれ』(1980) / CDシングル『涙の連絡船』(1965)

出典|株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて | 情報

都はるみの関連情報