コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都万太夫(初代) みやこ・まんだゆう

1件 の用語解説(都万太夫(初代)の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

都万太夫(初代)

生年:生没年不詳
江戸前期の京都都万太夫座の名代。寛文9(1669)年,歌舞伎物真似の名代を許され興行権を得る。四条南側芝居(当時の大芝居)を小屋として,初代の時代が最も隆盛をきわめ,元禄期を中心に坂田藤十郎近松門左衛門との提携による上方歌舞伎黄金時代を形成した。のち名代は相続されたが「南側の芝居」と呼ばれ,その劇場名は近代には南座と改称されている。

(今西晶子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

都万太夫(初代)の関連キーワード音羽屋小佐川十右衛門亀屋粂之丞(初代)岸本平太夫沢村文治早雲長太夫布袋屋梅之丞(初代)松本兵蔵都万太夫

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone