コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都万太夫(初代) みやこ・まんだゆう

1件 の用語解説(都万太夫(初代)の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

都万太夫(初代)

生年:生没年不詳
江戸前期の京都都万太夫座の名代。寛文9(1669)年,歌舞伎物真似の名代を許され興行権を得る。四条南側芝居(当時の大芝居)を小屋として,初代の時代が最も隆盛をきわめ,元禄期を中心に坂田藤十郎近松門左衛門との提携による上方歌舞伎黄金時代を形成した。のち名代は相続されたが「南側の芝居」と呼ばれ,その劇場名は近代には南座と改称されている。

(今西晶子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone