コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都万太夫(初代) みやこ・まんだゆう

朝日日本歴史人物事典の解説

都万太夫(初代)

生年:生没年不詳
江戸前期の京都都万太夫座の名代寛文9(1669)年,歌舞伎物真似の名代を許され興行権を得る。四条南側芝居(当時の大芝居)を小屋として,初代の時代が最も隆盛をきわめ,元禄期を中心に坂田藤十郎近松門左衛門との提携による上方歌舞伎の黄金時代を形成した。のち名代は相続されたが「南側の芝居」と呼ばれ,その劇場名は近代には南座と改称されている。

(今西晶子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

都万太夫(初代)の関連キーワード中村喜代三郎(初代)布袋屋梅之丞(初代)中村四郎五郎(初代)桜山庄左衛門(初代)桐野谷権十郎(2代)近松門左衛門(年譜)都太夫一中(1世)中村富十郎(初代)坂田藤十郎(1世)都太夫一中(初代)亀屋十次郎(初代)松本友十郎(初代)尾上菊五郎(初代)霧波千寿(初代)春山源七(2代)佐渡島三郎左衛門南北三ぶ(2代)三条浪江(初代)傾城壬生大念仏けいせい仏の原

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android