都太夫和中(初代)(読み)みやこだゆう わちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

都太夫和中(初代) みやこだゆう-わちゅう

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
一中節。江戸の茶屋の主人で,初代都太夫一中がはじめて江戸にきたとき入門。享保(きょうほう)-寛保(かんぽう)(1716-44)のころ活躍,市村座に出演した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android