コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄭斗源 ていとげんChŏng Tu‐wŏn

世界大百科事典 第2版の解説

ていとげん【鄭斗源 Chŏng Tu‐wŏn】

1581‐?
朝鮮,李朝中期の文臣。字は丁叔,号は壺亭。全羅道光州の人。1630年(仁祖8)に陳奏使として明に使いし,翌年マテオ・リッチの《天文書》《遠鏡書》《千里鏡説》《職方外記》《西洋国風俗記》等の漢訳西洋書や火砲,千里鏡(望遠鏡),自鳴鐘(時計)等の器機を携えて帰国した。これは一行の訳官李栄後がイタリア人ロドリゲス(陸若漢)に西洋暦法の推算法をたずねた〈問答書簡〉とともに,西洋文物・科学の朝鮮移入の最初の記録となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鄭斗源の関連キーワード安土桃山時代(年表)NPO阿賀川梅津政景日記和蘭オランダ独立戦争帝釈山脈ユトレヒト同盟上井覚兼日記エルマーク