コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

配当起算日 はいとうきさんび

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

配当起算日

配当計算の開始日のこと。払い込みを伴う新株発行の場合、新株の引受人は払込期日から株主となる。株主平等の原則から、株主となった日から決算期末までの日数を日割り計算して配当金を支払うという考え方。しかし、実務上は、効力発生日にかかわらず、配当起算日を期首(当該期のはじめの日)にさかのぼらせて配当計算することを新株発行の取締役会決議で定めていることが多い。例えば3月決算会社の場合であれば4月1日、中間配当を実施している会社の場合、新株発行が上期であれば4月1日、下期であれば10月1日となる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

株式公開用語辞典の解説

配当起算日

配当の計算をする時の開始日のこと。払込をともなう新株発行の場合、新株の引受人は払込期日から株主となる。また、株式分割等払込をともなわない新株発行の場合、その効力発生日から株主としての権利が生ずる。営業年度の途中で新株発行されると、新株の引受人に対して、配当金をどのように計算するべきかが問題となる。このような場合、株主平等の原則から、株主となった日から決算期末までの日数を日割り計算して配当金を支払うという考え方もあるが、実務上は、効力発生日にかかわらず、配当起算日を期首(たとえば3月決算会社の場合であれば、4月1日。もし中間配当を実施している会社の場合、新株発行が上期であれば4月1日、下期であれば10月1日となる。)に遡らせて配当計算することを新株発行の取締役会決議で定めていることが多い。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android