コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

配石墓 はいせきぼ

1件 の用語解説(配石墓の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はいせきぼ【配石墓】

1人で運べる程度の自然石,ないし一部を加工した石などを遺骸の周囲や墓壙の上に配する墓。また,このような墓の集合体も配石墓と称することがあり,列石や敷石を含めて配石遺構と総称する。日本では,西日本の弥生時代にみられる墓壙内の四隅に石を配する配石墓例を除き,縄文時代に特徴的な墓制である。代表的な配石墓は,墓壙の上部に1~2mの円形ないし方形に石を密集して配し,ときには中心や四隅に立石を置く。ただし,配石下の墓壙がないものや,浅くまたは小さいために特殊な埋葬法を想定せざるをえないものも多くある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

配石墓の関連キーワード石工石段石鍬弄り自然石大自然大して中破モビリティー石組吸い味

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone