コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

配石墓 はいせきぼ

世界大百科事典 第2版の解説

はいせきぼ【配石墓】

1人で運べる程度の自然石,ないし一部を加工した石などを遺骸の周囲や墓壙の上に配する墓。また,このような墓の集合体も配石墓と称することがあり,列石や敷石を含めて配石遺構と総称する。日本では,西日本の弥生時代にみられる墓壙内の四隅に石を配する配石墓例を除き,縄文時代に特徴的な墓制である。代表的な配石墓は,墓壙の上部に1~2mの円形ないし方形に石を密集して配し,ときには中心や四隅に立石を置く。ただし,配石下の墓壙がないものや,浅くまたは小さいために特殊な埋葬法を想定せざるをえないものも多くある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

配石墓の関連キーワード矢瀬遺跡茅野遺跡

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android