酒は憂いの玉箒(読み)さけはうれいのたまははき

精選版 日本国語大辞典「酒は憂いの玉箒」の解説

さけ【酒】 は 憂(うれ)いの玉箒(たまははき・たまぼうき)

(「蘇軾‐洞庭春色詩」の「応呼釣詩鉤、亦号掃愁帚」による) は心の憂いを掃き去る道具である。酒を飲めば憂さを忘れることをいう。
※浄瑠璃・津国女夫池(1721)千畳敷「酒はうれいの玉ははき、千金春宵一こく飲(の)み、御酒のきげんも義輝公」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「酒は憂いの玉箒」の解説

さけうれいの玉箒たまははき

蘇軾「洞庭春色詩」から》酒は心の憂いを取り除いてくれるすばらしいほうきのようなものである。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android