コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井孫四郎 さかい まごしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井孫四郎 さかい-まごしろう

1839-1869 幕末の武士。
天保(てんぽう)10年3月生まれ。越前(えちぜん)福井藩士。元治(げんじ)元年家老となる。第1次幕長戦争に参加し,戊辰(ぼしん)戦争では奥羽征討軍にしたがった。藩命による欧米視察のため明治2年5月8日横浜を出港直後,観音崎沖で船が沈没して死去。31歳。本姓は明石。名は純煕。通称は別に禄助,与三左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

酒井孫四郎の関連キーワード藩学一覧タンジマートオブレノビチ家ショパン高野長英ポー(Edgar Allan Poe)アメリカ音楽ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)女性参政権チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android