酒井裕唯(読み)さかい ゆい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井裕唯 さかい-ゆい

1987- 平成時代の女子ショートトラックスピードスケート選手。
昭和62年12月7日生まれ。岡谷東高から早大に進む。21年全日本選手権500mで1位,総合4位となり,バンクーバー冬季五輪代表に選ばれ,500m17位,3000mリレー(伊藤亜由子貞包紘子・酒井裕唯・桜井美馬)で7位に入賞。24年スピードスケート・ショートトラックW杯女子1000mで総合優勝をはたす。26年のソチ冬季五輪代表となり,500m22位,1500m27位,3000mリレー(酒井裕唯・伊藤亜由子・清水小百合・桜井美馬)で5位入賞,1000mは13位。日本再生推進機構所属。長野県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android