コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒石酸アリメマジン しゅせきさんアリメマジンalimemazin tartras

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酒石酸アリメマジン
しゅせきさんアリメマジン
alimemazin tartras

フェノチアジン誘導体の抗ヒスタミン剤トリメプラジンともいう。 H1 受容体を遮断することによってヒスタミンの平滑筋興奮作用およびその他の作用を抑制する。 瘙痒性疾患,じんま疹ストロフルス,湿疹,皮膚炎,喘息,アレルギー性下痢,アレルギー性鼻炎などに用いられる。また,自律神経作用,錐体外路系作用を示さず,中枢神経系に働いて鎮静,情動調整,筋弛緩作用を示すので,統合失調症にも用いられる。副作用としては服用初期に眠気,まれに倦怠感,口渇,めまいがみられることがあるが,減量により次第に消失する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

酒石酸アリメマジンの関連キーワード抗ヒスタミン薬かぜ薬

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android