コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中枢神経系 ちゅうすうしんけいけい central nervous system

翻訳|central nervous system

7件 の用語解説(中枢神経系の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中枢神経系
ちゅうすうしんけいけい
central nervous system

神経系の働きの中枢をなす部分。脊髄がこれにあたる。中枢神経系から出ているのが末梢神経系で,脳から出ているものを脳神経,脊髄から出ているものを脊髄神経と呼んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちゅうすう‐しんけいけい【中枢神経系】

神経系の中で、全神経の統合・支配など中枢的役割を果たしている部分。末梢(まっしょう)神経系の受けた刺激をとらえて音声・運動・反射などを指令する。脊椎動物では脊髄無脊椎動物では神経節の一部をいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中枢神経系【ちゅうすうしんけいけい】

神経系のうちで形態的にも機能的にも中心となる部分で,脊椎動物では脳と脊髄からなる。末梢神経系の対。知覚,運動,自律機能などの各種の中枢があり,またそれらの遠心性・求心性の伝導路ともなる。
→関連項目過換気症候群学習障害解熱薬興奮薬催眠薬神経系神経膠腫脊髄脱落症状テトロドトキシン脳磁図脳脊髄液末梢神経麻痺

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

中枢神経系

 末梢神経系に対していい,脳,脊髄などで構成される.刺激を受容し,応答指令を伝達することで神経系を統合している.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうすうしんけいけい【中枢神経系 central nervous system】

動物の神経系のうち,脊髄からなる中枢部を指す。中枢神経系と末端の受容器または効果器(奏効器)とを連絡するのが末梢神経系である。無脊椎動物の神経系にも脳と呼ばれる組織はあるが,神経管neural tubeから形成されたものではなく,神経網に介在する神経細胞集まりにすぎず,むしろ脊椎動物の末梢神経系にある大きな神経節にあたるものとみなしうる。脊椎動物になると,ヒトを含めて中枢神経系つまり脳と脊髄は神経管から形成される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちゅうすうしんけいけい【中枢神経系】

神経系の形態上・機能上の中心部。ニューロンが密集し、身体各部の機能を統率している。脊椎動物では脳と脊髄、無脊椎動物では神経節がこれにあたる。神経中枢。 ↔ 末梢まつしよう神経系

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中枢神経系
ちゅうすうしんけいけい

神経系は、中枢神経系と末梢(まっしょう)神経系とに二大別される。中枢神経系とは脳と脊髄(せきずい)とをいい、これらとさまざまな器官(筋肉、腺(せん)、感覚器など)を連結するものを末梢神経系という。脳と脊髄とは、三重の膜(硬膜、クモ膜、軟膜)に包まれて頭蓋(とうがい)と脊椎管(せきついかん)の中に収められている。また、軟膜とクモ膜の間には脳脊髄液が満たされており、脳には、外からの衝撃がそのままの強さで響かないようになっている。頭蓋に収まる脳は、大脳と小脳に区別される。大脳は、左右の大脳半球と、その間に挟まれた棒状の脳幹からできている。[鳥居鎮夫]

大脳半球

大脳半球の表面を覆っている大脳皮質には、たくさんの溝がある。なかでも、中心溝(ローランド溝)と外側溝(シルビウス溝)は深い溝で、その前の領域を前頭葉といい、後ろの領域は、さらに便宜的に頭頂葉、後頭葉、側頭葉に区別される。左右二つの大脳半球は脳梁(のうりょう)という部分で連結されている。大脳半球を水平に切断してみると、表面が灰白色の薄い層で縁どられているが、これは神経細胞が層構造となって密集している大脳皮質である。大脳皮質の内部は白色となるが、これは白質(髄質)とよばれる神経線維の集まりである。髄質の中には、いくつかの灰白色の塊がある。これは、大脳核とよばれる神経細胞の集団である。大脳核には、尾状核、被殻、淡蒼球(たんそうきゅう)、扁桃核(へんとうかく)、中隔などが区別される。尾状核、被殻、淡蒼球は新皮質から出る遠心性神経の中継場所であり、扁桃核、中隔は辺縁皮質から出る遠心性神経の中継場所である。いずれも、主として運動の発現に関係している。[鳥居鎮夫]

脳幹

脳幹は、間脳、中脳、橋(きょう)、延髄に区分される。ヒトでは、とくに間脳と橋がよく発達しているが、これは、大脳皮質の発達によるものである。なお、ヒトの中脳は他の動物に比べると、その発達は悪い。脳幹の背面には、上丘(じょうきゅう)と下丘(かきゅう)という四つの高まり(四丘体(しきゅうたい))がある。上丘は視覚に、下丘は聴覚に関係する部位である。また、脳幹には運動に関係をもつ赤核と黒質がある。中脳から延髄にかけての中心部には、神経細胞が網状になった網様体という部位があり、意識の生理学的仕組みに関係をもっている。この網様体の中には、モノアミン系神経細胞(ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンを伝達物質とする神経細胞)があり、学習、記憶、睡眠・覚醒(かくせい)などに重要な役割を演じている。ドーパミン作動神経細胞は中脳にあり、ここから大脳核や大脳皮質へ投射している。ノルアドレナリン作動神経細胞は青斑核(せいはんかく)、セロトニン作動神経細胞は縫線核(ほうせんかく)にある。そのほか、脳幹には呼吸、血管、心臓に関係する中枢があり、視神経と嗅(きゅう)神経以外の10対の脳神経は中脳、橋、延髄から出ている。
 間脳は、解剖学上では視床、視床上部、視床下部、視床後部に区別される。このうち、視床は、形態的に6個の核群(正中線核群、前核群、内側核群、外側核群、腹側核群、後側核群)に区分されている。また、視床を機能的にみると、大脳皮質へ上行する感覚神経の中継場所である特殊核、網様体から広範に大脳皮質へ投射している神経の中継場所である非特殊核、視床のほかの核から線維を受けている連合核が区別される。視床後部には目からの感覚神経を中継する外側膝状体(がいそくしつじょうたい)と、耳からの感覚神経を中継する内側膝状体がある。視床下部は、第三脳室の壁にある小さい部分で、多くの核で構成されている。視床下部を機能的にみると、前部と後部、あるいは内側部と外側部に区別される。視床下部は自律神経系の中枢であると同時に、大脳皮質の活動水準を維持調節する仕組みももっている。さらに視床下部は、下垂体へも線維を送って、ホルモンの分泌を統御している。[鳥居鎮夫]

小脳

小脳は橋と延髄の上にのった、中央がくびれた長円体であり、くびれた部分を虫部(ちゅうぶ)、左右の膨れた部分を小脳半球という。虫部は小脳へ出入りする神経線維を受けて、身体の平衡と姿勢の調節をしている部位で、下等な動物にも認められる(これを古小脳という)。これに対して、小脳半球は筋肉や皮膚などの感覚器からの神経線維を受けるほか、大脳皮質との間にも神経線維の連絡をもち、熟練した四肢の運動を制御している。小脳半球は哺乳(ほにゅう)類になって初めて現れるもので、新小脳とよばれる。[鳥居鎮夫]

脊髄

脊髄は、脊椎骨(脊柱)の中に収められている長さ42~45センチメートルの白色の索状体である。脊髄の両側面からは、31対の脊髄神経(頸(けい)神経8対、胸神経12対、腰神経5対、仙骨神経5対、尾骨神経1対)が出ており、これに対応して、頸髄、胸髄、腰髄、仙髄(尾骨神経を含む)が区分されている。脊髄を横に切断すると、中央にH字状の灰白質があり、周りを白質が取り囲んでいる。灰白質は前柱、側柱、後柱に分かれており、それぞれ、形態や性質の違う神経細胞が集まっている。前柱にある大形の神経細胞は、上位の脳や反射径路からのさまざまな情報を受け入れ、これを統合して運動の指令として筋肉へ送り出していることから、運動神経細胞といわれる。また、その働きのうえから最終共通路ともよばれている。後柱には感覚神経に属する神経細胞があり、側柱には自律神経系に属する神経細胞がある。
 白質は、主として縦の方向に上行(感覚神経)、あるいは下行(運動神経、自律神経)する神経線維の束であり、これらの神経の束を伝導路という。ヒトの脊髄のおもな機能は、感覚器からの信号や筋肉への指令を伝える神経路といえるが、統合作用も営んでいる。そのもっとも単純な例として脊髄反射があげられる。[鳥居鎮夫]

動物における中枢神経系

神経系の集中化に伴って神経細胞と神経繊維が集合し、さらにこれらの集合体が相互に連絡して、形態的にも機能的にも神経系の中心をなしている部分をいう。脊椎動物では脳と脊髄が中枢神経系にあたり、逆に体の各部からの情報を受け、脳や脊髄にその情報を送ったり、脳や脊髄からの情報を体の各部に伝える神経系を末梢神経系という。中枢神経系の働きとしていちばん単純なものは、感覚ニューロンが感覚受容器からの情報を運動ニューロンに伝えておこる反射行動の発現であるが、多くの場合、感覚ニューロンと運動ニューロンの間にたくさんのニューロンが介在して複雑な神経回路を形成し、活動の協調を行うばかりでなく、大脳皮質が発達した動物では高等な神経活動の統御を行っている。無脊椎動物では、神経細胞の集合はクラゲ類でもみられるが、真の意味での中枢神経系は扁形(へんけい)動物以上においてみられる。無脊椎動物の中枢神経系は、神経細胞の集合体である神経節と、神経節間を連絡する神経索とよばれる神経繊維束からなり、その代表的なものは環形動物や節足動物にみられる梯子形(はしごがた)神経系であり、脊椎動物のものとは形状が異なるが、体の内外で感受された変化を伝達し、認識し、統合して、状況に応じた反応をおこすよう調節する機能を行っている点では同じである。[新井康允]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中枢神経系の言及

【神経系】より

…図4に大脳半球の系統発生を示す。【正井 秀夫】
【中枢神経系と末梢神経系】
 脊椎動物の神経系には中枢神経系central nervous systemと末梢神経系peripheral nervous systemが区別される。中枢神経系とはbrainと脊髄spinal cordのことである。…

【神経系】より

…髄鞘の実体は神経膠の細胞膜であって,軸索のまわりをなん層にもなって取り巻いていることが多い。この髄鞘を形成する神経膠は,中枢神経系ではオリゴデンドログリアoligodendrogliaと呼ばれる神経膠の一種であり,末梢神経系ではシュワン細胞Schwann’s cell(末梢神経系の神経膠)である。 ニューロンの樹状突起や軸索を細胞体から切り離すと,切り離された部分は必ず変性して消失してしまう。…

【組織】より

… 神経組織は神経細胞(ニューロン)とグリア細胞(神経膠細胞)からなり,生体情報の有線的伝達にあずかる。高等動物では,脳と脊髄を中枢神経系,これらより外に出ているものを末梢神経系という。中枢神経系では神経組織に血管とそれにともなう結合組織が加わっていて,神経細胞体の多く存在する部位を灰白質,神経繊維の多い部位を白質とよぶ。…

※「中枢神経系」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中枢神経系の関連キーワードニューロパシー管状神経系散在神経系集中神経系交感神経系腸管神経系副交感神経系植物神経系体性神経系中枢神経系 (central nervous system)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中枢神経系の関連情報