コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酢茎漬け すんきづけ

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

すんきづけ【酢茎漬け】


長野県木曽地方特産の漬物で、当地でとれる王滝かぶなどの赤かぶの茎葉を、塩を使わずに乳酸発酵させたもの。できたすんき漬けの一部を乾燥、あるいは冷凍乳酸菌を保存し、翌年の漬け種にする。そのまま食べるほか、汁やそば、油炒め具材とする。

出典|講談社日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android