コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酢茎漬け すんきづけ

1件 の用語解説(酢茎漬けの意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

すんきづけ【酢茎漬け】


長野県木曽地方特産の漬物で、当地でとれる王滝かぶなどの赤かぶの茎葉を、塩を使わずに乳酸発酵させたもの。できたすんき漬けの一部を乾燥、あるいは冷凍で乳酸菌を保存し、翌年の漬け種にする。そのまま食べるほか、汁やそば、油炒めの具材とする。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酢茎漬けの関連キーワード木曽節長野県木曽郡南木曽町吾妻長野県木曽郡木祖村小木曽長野県木曽郡木曽町新開長野県木曽郡南木曽町田立長野県木曽郡大桑村野尻長野県木曽郡木曽町日義長野県木曽郡木曽町福島長野県木曽郡木曽町三岳長野県木曽郡南木曽町読書

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone