コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸化型ビタミンC

栄養・生化学辞典の解説

酸化型ビタミンC

 C6H6O6 (mw174.11).

 デヒドロアスコルビン酸で,生体内でグルタチオンを水素供与体としてデヒドロアスコルビン酸レダクターゼにより還元されてアスコルビン酸になるのでビタミンC活性をもつ.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

酸化型ビタミンCの関連キーワードアコニット酸アコニット酸アルギニンテアニンムスカリン

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酸化型ビタミンCの関連情報