コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸化型ビタミンC

1件 の用語解説(酸化型ビタミンCの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

酸化型ビタミンC

 C6H6O6 (mw174.11).

 デヒドロアスコルビン酸で,生体内でグルタチオン水素供与体としてデヒドロアスコルビン酸レダクターゼにより還元されてアスコルビン酸になるのでビタミンC活性をもつ.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酸化型ビタミンCの関連キーワードアコニット酸アルギニンムスカリンめんの日フレオン11五島盛徳牧野貞一松平浅五郎モーツァルト:ピアノ協奏曲 第11番 ヘ長調/piano and orchestra(concerto)ベートーヴェン:11のバガテル/piano solo

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

酸化型ビタミンCの関連情報