コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸性ホスファターゼ さんせいホスファターゼacid phosphatase

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸性ホスファターゼ
さんせいホスファターゼ
acid phosphatase

酸性の条件下で体内のリン酸を分解する酵素。この酵素はほぼ全身の組織や細胞に含まれているが,赤血球,前立腺,造骨細胞など含まれる臓器によって性格が違うので,病気の早期発見のための検査法として利用される。前立腺癌の場合には,血液中に多量の酸性ホスファターゼ (前立腺ホスファターゼ=PAPという) が検出される。その他,血清中の酸性ホスファターゼが異常値を示す病気としては,骨肉腫などの骨の癌,肝癌,肝硬変,血小板減少症,白血病などが考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

酸性ホスファターゼ

 酸性領域に至適pHをもつホスファターゼの総称.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

酸性ホスファターゼの関連キーワードリソソーム精液検査血液型

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android