コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸性度 サンセイド

デジタル大辞泉の解説

さんせい‐ど【酸性度】

酸としての強さの程度を示す値。ふつう、水素イオン指数pHで表す。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

酸性度

 →酸度

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

さんせいど【酸性度】

溶液の酸性の程度を示す量。水素イオン指数(pH)で表す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酸性度
さんせいど
acidity

溶液の酸性の程度を示す量。一般には水素イオン濃度指数pHが用いられる。溶液中での水素イオン濃度をaH+とするとき、pHは次式で示される。
  pH=-logaH+
 正確にはイオン活量が用いられるが、普通は活量のかわりに濃度が近似的に用いられ、pHが小さくなるほど酸性度は高くなる。
 酸の濃厚溶液では、ブレンステッドの酸塩基理論を適用してアメリカのハメットLouis Plack Hammett(1894―1987)が提案した酸度関数で定義される酸性度h0を用いる。
  h0=-log(aH+fB/fHB+)
ここでHB+は強い酸であり、fHB+は酸の活量係数、fBは強い酸と共役する弱い塩基Bの活量係数である。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の酸性度の言及

【酸・塩基】より


[水溶液中での酸・塩基]
 水溶液中でのHの濃度あるいはpHをその水溶液の酸の強さとすることができるが,酸自身の酸の強さとしては,酸がHを放出するものであるということからすれば,その程度すなわちKaがその酸の強さをあらわすことになる。Kaを酸解離定数,-logKa=pKaのようにしてpKaを酸解離指数といい,これによって酸性度をあらわす。Kbは塩基解離定数,pKbは塩基解離指数(塩基性度をあらわす)であるが,KbKaと逆の関係にあるからKaあるいはpKaだけで,酸および塩基の強さをあらわすことができる。…

※「酸性度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

酸性度の関連キーワード消化性潰瘍(胃潰瘍/十二指腸潰瘍)トリフェニルメタン食道裂孔ヘルニアむし歯(う蝕症)乳糖不耐性下痢子どものむし歯イオン交換樹脂ホメオスタシス非水溶媒滴定酸塩基指示薬グルタミン酸過換気症候群小児の腟炎アジサイクニマス酸性土壌屈斜路湖酸性植物劣化調査食物繊維

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酸性度の関連情報