コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸性度 サンセイド

4件 の用語解説(酸性度の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さんせい‐ど【酸性度】

酸としての強さの程度を示す値。ふつう、水素イオン指数pHで表す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さんせいど【酸性度】

溶液の酸性の程度を示す量。水素イオン指数(pH)で表す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酸性度
さんせいど
acidity

溶液の酸性の程度を示す量。一般には水素イオン濃度指数pHが用いられる。溶液中での水素イオン濃度aH+とするとき、pHは次式で示される。
  pH=-logaH+
 正確にはイオン活量が用いられるが、普通は活量のかわりに濃度が近似的に用いられ、pHが小さくなるほど酸性度は高くなる。
 酸の濃厚溶液では、ブレンステッドの酸塩基理論を適用してアメリカのハメットLouis Plack Hammett(1894―1987)が提案した酸度関数で定義される酸性度h0を用いる。
  h0=-log(aH+fB/fHB+)
ここでHB+は強い酸であり、fHB+は酸の活量係数、fBは強い酸と共役する弱い塩基Bの活量係数である。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の酸性度の言及

【酸・塩基】より


[水溶液中での酸・塩基]
 水溶液中でのHの濃度あるいはpHをその水溶液の酸の強さとすることができるが,酸自身の酸の強さとしては,酸がHを放出するものであるということからすれば,その程度すなわちKaがその酸の強さをあらわすことになる。Kaを酸解離定数,-logKa=pKaのようにしてpKaを酸解離指数といい,これによって酸性度をあらわす。Kbは塩基解離定数,pKbは塩基解離指数(塩基性度をあらわす)であるが,KbKaと逆の関係にあるからKaあるいはpKaだけで,酸および塩基の強さをあらわすことができる。…

※「酸性度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

酸性度の関連キーワード磁化曲線座標軸蚕齢クリアランス値還元粘度屈折度光線透過率労作強度精密度1等材

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

酸性度の関連情報