醜漢(読み)しゅうかん

精選版 日本国語大辞典「醜漢」の解説

しゅう‐かん シウ‥【醜漢】

〘名〙
① 醜悪な男。みにくい容貌の男。
※春窓綺話(1884)〈高田早苗・坪内逍遙・天野為之訳〉一「佳人は才子に逢ひ難ふしてて厭ふべきの醜漢に眷恋せられ」 〔李商隠‐雑纂〕
② 恥ずべき行為をする男。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉電影「渠奴(きゃつ)我輩の同郷人だが、殆んど郷党の歯(よは)ひするを耻ぢる醜漢(シウカン)だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「醜漢」の解説

しゅう‐かん〔シウ‐〕【醜漢】

恥ずべき行為をする男。
「殆んど郷党のよはひするを恥じる―だ」〈魯庵社会百面相
容貌ようぼうのみにくい男。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる