醸〔釀〕(読み)ジョウ

精選版 日本国語大辞典の解説

か・む【醸】

〘他マ四〙 (上代、生米を噛んで吐き出し、それを瓶にためて発酵させたところから) 酒を造る。醸造する。かもす。
※古事記(712)中・歌謡「須須許理(すすこり)が 迦美(カミ)し御酒(みき)に 我酔ひにけり」

かも・す【醸】

〘他サ五(四)〙
① 穀類などをこうじにして水を混ぜ発酵させて酒、しょうゆ、酢(す)などをつくる。また、広く、酵素の作用によって原料を分解し食品をつくる。醸造する。〔運歩色葉(1548)〕
② ある気分や雰囲気、状態などを徐々につくり出す。
※和英語林集成(初版)(1867)「ネムリヲ kamosz(カモス)
③ ある物事を起こす。もたらす。
※玉塵抄(1563)二〇「江天の雲の冬雪をかもす雲は黒色なぞ」

さけ‐か・む【醸】

〘他マ四〙 発酵させる。酒にかもし作る。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android