醸成(読み)じょうせい

精選版 日本国語大辞典「醸成」の解説

じょう‐せい ヂャウ‥【醸成】

〘名〙
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉四「塩岩を得て培養すれば、水分を引き、土質を熔和し、塩酸を醸成して、消化を助ける妙効あり」
② 雰囲気(ふんいき)や気分をかもしだすこと。また、機運をつくりだしたり、騒ぎをひきおこす状況をつくりだしたりすること。醸造。
※太平策(1719‐22)「下の奸智を引起し、上を疑ひ上をけすむ心を成して」

かみ‐な・す【醸成】

〘他サ四〙 飯を(か)んで酒にする。酒をかもす。
※万葉(8C後)一六・三八一〇「味飯(うまいひ)を水に醸成(かみなし)吾が待ちしかひはさねなし直(ただ)にしあらねば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「醸成」の解説

じょう‐せい〔ヂヤウ‐〕【醸成】

[名](スル)
原料を発酵させて酒や醤油などをつくること。醸造。「酒を醸成する」
ある状態・気運などを徐々につくり出すこと。「不穏な空気が醸成されつつある」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android