采詩官・採詩官(読み)さいしかん

精選版 日本国語大辞典「采詩官・採詩官」の解説

さいし‐かん ‥クヮン【采詩官・採詩官】

〘名〙 采詩をつかさどる役人。采詩の官。
※法性寺関白御集(1145か)読史記賦周本紀「可悦可康治徳昔、採詩官定欲仁」 〔白居易新楽府・采詩官〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android